自慢は大抵嫌われる。

自慢の心理は一体何なのか?

自慢
こんなス〇夫クン、見たことが無い。

会話の中で、ついつい自分の自慢をしてしまう人は多いもんです。
これ厄介なことに、自分で意識していても、
「自分と付き合えば良いことがある!」
と言う潜在的な何かが、勝手に貴方を自慢モードに仕立てあげてしまう。

特に、時間が限られている異性との出会いの場であるほど、これは顕著になり、
「この場で、自分は他よりも優れていることをアピールしなければ!!」
と焦ってついつい武勇伝とか自慢とかしてしまうわけですな。


ラブサーチ:出会いのキッカケを増やす。評価も書いた。

ラブサーチ:6か月登録の方が、1か月登録(2,880円)より31%お得。評価も書いた。


標題でも書いた通り、こういう姿勢は、男女関係なく嫌われる傾向にあります。
では原因は一体何なのか?

その一つとして、貴方が普段、人に認められてないから、
認められて欲しい気持ちで自慢するのだと思います。
人間だれしも褒められたいもんですからね。

じゃあどうやって認められるようになりましょうか?

物知りになってみよう。

自慢ばかりする人。
実を言うと管理人もこの傾向があることにずっと前から気づいている。

自慢と言っていいのか分からないが、管理人は会話のネタがあまりない方である。
一部の分野ばかりに熱くなってしまい、それ以外に関してはあまり分からない。

すると大半のカテゴリーの会話にはあまり輪の中に入っていけない。
じゃあ何とかして「良い自分を見せたい」と思って、
知らず知らずと自分の熱くなっているネタを熱く話し続けてしまうのだ。
多分他の人には、自慢っぽく聞こえているでしょう。

相手の反応が
無愛想な「そーなんだ!
だけ。

そこでσ(・・)はハマっているネタ以外に色々ネタを身に着けようと考え出した。
そうすれば、自慢話を発信するのではなく、色んなネタで盛り上がれる。
ネタも幅広くなれば、余裕をもって会話できると思うんだよな。

詳しくは別のページ会話のネタを増やす方法に書いてみた。
あと、ブログの方には、色々使えるかも知れないネタも書いているので、
参考になると嬉しいな。

どうしても、自分の成果をぶっ放したい場合は…
それでも自分の努力を吐き出したい場合こちらに一つの方法を書いてみた。


会話が苦手なら、まずはメール・チャットで慣れると良いかも? ラブサーチの評価も書いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければ、拡散してくださいな。