プロフィールカードの書き方No.1

時間の限られている婚活パーティでの重要な情報

婚活パーティでは、ほぼ確実に出てくるプロフィールカード。
パーティ当日に受付を済ませた後に、貰う資料一式の中に入っています。

このプロフィールカード、
書き方次第で、カップリングの成否を分けると言っても過言ではないくらい大事なもの。
パーティ受付後~開始までの間に記入することになるけど、
項目が思っているより多く、相手の印象に強く残すモノを作るとなると、20分やそこらでは時間が足らんです。
よってパーティ当日までにネタを考えておく必要がある。
パーティ参加表明した時点から戦いは始まってると思うべきですな。
(履歴書みたいですなw)

少し長くなるので、2段階に分けて紹介していきます。

  • プロフィールカードの形式
  • プロフィール書くにあたっての心構え
  • 項目別、管理人実体験を含めた書き方のコツ (Next Page)

忙しいけど恋愛もしたい人向け。登録無料&スグ
ハッピーメールのレビューも書いたよ。

忙しいけど、少しの空き時間に恋人探したい人向け。登録無料&スグ。レビューも書いた。

プロフィールカードの形式

主催する会社によって、質問項目は多少変わるものの、大体共通しています。
そこでまずはプロフィールカードの見本。こんな感じです。

【画像】

どの主催でも共通している質問項目はこんな感じ

  • 自分の名札番号
  • 氏名(ハンドルネーム)、年齢、誕生日
  • 現住所、出身地、家族と同居してる?
  • 身長、血液型、最終学歴
  • 職業、業種、年収、休日、転勤の可能性ある?
  • 子供欲しい?
  • 結婚歴
  • タバコ、酒、バクチ
  • 彼女・彼氏いない歴
  • 好きな●●、嫌いな●●
  • 休みの日何してる?
  • 彼女・彼氏と行きたいところ
  • 趣味、特技、資格
  • 自己PR

各項目の書き方については、Next Pageをご覧ください。

プロフィール書くにあたっての心構え

沢山項目があるんですが、どの項目でも共通して言えることがあるんで、
とりま簡単に書き留めておきますね。

丁寧に書く

もはや説明不要だとは思うが…
上手い下手よりも、読みやすい字を書けるようにしたい。
字が下手と言う方は、少し時間を掛けて丁寧に書けばそれなりに綺麗になると思う。
会場には早く来た方が良いよね!

バランスよく埋める

空白が目立つのはプロフィールカードとしてはマイナス点である。
というのも、空白部分は相手から質問し辛くするし、
なにより空白ばかりだと、ヤル気の無さを疑われる。

逆に、ぎゅうぎゅうに詰めて書きすぎてもいけない。
自己紹介タイムは非常に短いので、ぱっと見で相手に伝える必要があるからだ。
一言二言くらいで、あと字はできるだけ大き目に書こう。

ネガティブな情報は書かない。

人間欠点だらけだと思うよ。
だけど敢えてプロフィールカードに書く必要はない。
僅かな時間で相手に貴方の情報を伝えるのに、マイナスな情報なんてほんとマイナスです。
「欠点」という項目がマジキチですね。ここは空白でも良いし、あってもさらりと一言でOK

ウソは書かない。

良く見せるのと、嘘を書くのはちがうです。
簡単な話、料理修行を始めて、「花嫁修業として料理の勉強始めてます。」ならOKだけど、
まだ未熟な段階で、「何でも料理作れます」と言わない方が良い。

内容にもよるけど、ウソがばれたときに関係が崩れます。

所々に、質問されたい箇所を作る。

貴方に関することを記入していくのですが、
ここで少し工夫したい。

自己紹介タイムは非常に短いので、
その中で相手が質問しやすいような項目を意図的に作っておく。
色々な方法があり、例えば…
イラストを描く、ニックネームをネタっぽくする、色を変えて書く・・・等等

これは相手が質問しやすくなるだけでなく、
事前に貴方が回答を用意しておけば、余裕をもって答えられるよね。
この余裕のある反応って、初対面で見せられるととても好印象だよ。

他にも思いついたらどんどん書いていきます。なんかまた婚活行きたくなったなw


会話が苦手なら、まずはメール・チャットで慣れると良いかも? ラブサーチの評価も書いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければ、拡散してくださいな。