婚活パーティの流れ

段取りを知っておくとあまり迷わない。

婚活パーティの中でも、一番よくある回転寿司→アプローチ型の流れを紹介する。
初めて参加する人にとっては、どのような段取りなのか分からないと、
それだけでアタフタしてしまって、不利になることもあるので、可能な限り流れを知っておくと良い。

流れとしては

  • 婚活パーティ会場到着、プロフィールカード記入
  • 主催の挨拶とか、パーティの流れ、注意事項などの説明。
  • 1対1自己紹介
  • アプローチカードの記入
  • アプローチカード受け取り(ここからは次ページ)
  • フリータイムへ
  • 最終投票用紙の提出
  • カップリング発表

忙しいけど恋愛もしたい人向け。登録無料&スグ
ハッピーメールのレビューも書いたよ。

忙しいけど、少しの空き時間に恋人探したい人向け。登録無料&スグ。レビューも書いた。

婚活パーティ会場到着、プロフィールカード記入

会場は開催時間よりも早めに受付スタートしています。
大体20~30分前くらい。
その時間くらいに、受付を済ませ、プロフィールカードや、名札、参加者一覧、アプローチカード、カップリングカード
等等
パーティ内で使用するものを受け取り、開始までにプロフィールカードを書いておきます。
プロフィールカードは書く内容が結構多く、これが自己紹介で使用する大事なモノになる。
よって、当日考えるのではなく、相手に印象づけられる内容を事前に考えておきたい。
項目については、プロフィールカードの書き方No.12を参考にされたし。

これがあるので、時間ギリギリではなく、かなり余裕をもって到着したいものでもある。

主催の挨拶とか、パーティの流れ、注意事項などの説明。

ちゃんと聞いておくことは言うまでもない。
パーティ独自のルールがあったりする(連絡先の云々など)からね。
過去に参加したことがある場合でも変更があるかも知れないので聞いておきたい。

で、この間にしておくことがある。
「異性を見ておく」
ですね。

最初は男女が分かれた状態で座ると思うので、
異性の全員が見渡せるはず。

また、受付で渡される「参加者&プロフィール一覧」に番号が振ってあり、
座る席にも番号があるので、見た目とプロフィールが一致するようになっている。

ここで、もうある程度候補を絞っていくと良いだろう。
後々だれか分からなくならないように、頂いた異性のプロフィール一欄に10段階評価とか付けておくと良い。

当然だが、これは異性側も同じことを行っているため、
座り方の姿勢などは見られている、と思うべき。猫背はダメよ。

1対1自己紹介

ここで初めて、異性とのやり取りが始まります。
男性or女性が向き合うように席移動→着席、互いのプロフィールカードを交換し、
大体3~5分くらいで、お互いの自己紹介をします。

「始め」の合図で自己紹介を始め、「終了」の合図で自己紹介を終えます。
ここで互いのプロフィールカードを相手に返します。

この後、メモ時間が少しだけ与えられるので、印象に残った点など記録しておこう。
一度に十数人とやり取りするため、これ後に回すとまず覚えられない。 「この人候補かな」ーと思った相手は何かしら書いておきたい。

この後、席の移動になります。
普通は男性全員が隣に一つずれます。

今度は隣の人と、同じように自己紹介→また席替え→紹介・・・
これを繰り返します。
(この周り方から回転寿司とか言ったりする。)
少人数制だと、多分全員と会話は出来ると思います。

アプローチカードの記入

自己紹介を一通り終えると、ここでアプローチカードと言うものを使います。
これは自己紹介の中で、貴方が「キミに決めた!」って相手の番号を記入し、提出します。

パーティ会社によりますが、大体3~5人くらい候補を書くことができます。
またメッセージや連絡先(自己責任で)を書くことも出来ると思います。
イラストが得意なら描いてもOK。

例えば、さっきの自己紹介のなかで、共通点があったら、それを書いたりする。
(→なのでメモはしっかり取っておきたい。)

アプローチカードは例えば5人まで書ける場合、5枚分準備されています。
つまり、贈る相手の人数分だけ書き、書いた番号の相手にそのまま送られることになる。
字は丁寧に書こうね。

大体この辺で休憩時間があったりします。
パーティでありながら戦場のような雰囲気を醸し出すが、この間は肩の力が抜ける(笑)

なお、アプローチカードは、必ずしも全部出す必要はない。
2枚だけとかでも良いし、「今日のパーティはハズレだわ」ならゼロでもOK。

続き・「アプローチカード受け取り」以降は婚活パーティの流れ2をどうぞ。

会話が苦手なら、まずはメール・チャットで慣れると良いかも? ラブサーチの評価も書いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければ、拡散してくださいな。