参加者数でオススメのものは?

10人程度から数百人レベルまで

一番少ないのは完全1対1なんて形式もあるが、
基本婚活パーティの少人数と言えば10対10程度のものからある。
逆に大規模なものだと100人以上にもなる。
ここで言いたいのは、利点・欠点はどちらにもあると言うこと。

だけどσ(・・)少人数の方が良い?
と思うけどねぇ。
理由は以下に。


忙しいけど恋愛もしたい人向け。登録無料&スグ
ハッピーメールのレビューも書いたよ。

忙しいけど、少しの空き時間に恋人探したい人向け。登録無料&スグ。レビューも書いた。

少人数婚活パーティの良いところは…

文字通り、人数が少ないので、
全員と会話できる可能性が高く、また自分のことも覚えてもらいやすい。
また、ローテーション形式で自己紹介していく流れであるため、
少人数の方が、一人当たりと長い時間会話出来る傾向にある。

しかし少人数には問題点がある。
人数が少ないので、当日までに人が集まらなかったら、
運が悪い場合、男女比が偏る場合もある。
例えば10対10の規模だとすると、10対5とかになったりすることも。。。

応募期間中で、どちらかに男女比が偏っているようなら、
少ない方の参加費用を安くしたりして均等になるように調整する。
(元々男性の方が高めに設定することで、バランス良い人数になる) あまりにも極端すぎる場合はイベント中止(参加費は勿論返金)になることも。
運営の方で対策はしてるみたいですがね。
それでも、偏る確率はそれなりにあるらしいです。

もひとつ問題点。
10人の参加者で、全てが好みでない確率。
100人の参加者で、全てが好みでない確率。
これは明らかに前者の方が高い。
少人数だと(言い方良くないが)全員期待外れ。。。 なんて場合もありますね。

大規模な婚活パーティの場合

それは言わずもがな、人数が多いこと。
その分、全員期待外れの可能性は低くなる。少なくても1人は好みのタイプ、居たりする。
ただし、異性とのやり取りに慣れてないうちは、大人数は敷居が高いように思える。

少人数の逆なんだけど…
人数が本当に多いので、名前を覚えるだけでも必至だし、
相手にもなかなか覚えてもらえない。
相手に強く印象を残すためには、それなりの技量も必要になってきます。

それでに1人当たりの自己紹介時間も短い傾向にあり、
「この人に決めた!」には至らないことも多い。

σ(・・)これらの経験から、
目安は15対15~20対20くらいがベストかなーと思いますね。
人数少ない方が、運営側のフォローも受けやすいし。
(例えば男女人数差によって余った場合、運営者が対応してくれたりだとか。)


会話が苦手なら、まずはメール・チャットで慣れると良いかも? ラブサーチの評価も書いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければ、拡散してくださいな。