会話を続けるコツと、お勧めネタ

雑学ネタにあまり興味がない?

会話が続かない」というコンプレックスの主たる原因は、

会話に繋がるネタをあまり探すことに興味がない
自分の好きなことだけに集中し過ぎていて、世間を知らない。
というものが強いとσ(・・)は感じ始めました。

σ(・・)もモンハン、サイト更新、オセロばっかりだったもんなぁ
逆にこれらの知識はそれなりについて、色々会話は盛り上がれると気づいた。
だけど、これ、実は良くないことに気付いたんだなヾ(・∀・)ゞ


ラブサーチ:出会いのキッカケを増やす。評価も書いた。

ラブサーチ:6か月登録の方が、1か月登録(2,880円)より31%お得。評価も書いた。


自分の知ってるネタの時だけ暴走はNG

相手が話す→相手の話をねじ伏せて自分の意見が主体
これは会話ではイケナイ例である。

これの原因も、会話の持ちネタが少ない人によく現れるものと考えている。
会話の持ちネタが少ないと、次のような現象が起こりやすい。

相手の殆どの話は「相手の話→相槌」型になってしまう。
だって、ネタがないためにどう返せば良いか分からないから。

だけど、時々「当たり」が来るわけだ。
そう、貴方の数少ない持ちネタと、会話が合致した場合である。
他のジャンルネタでは話せないから、
自分の話せるネタが来た時に、とにかくアピールしたい
特に制限時間がある、合コン、オフ会などではそれが顕著になる。

この焦りからか、自分の詳しいジャンルの時のみ、
全力で話してしまいがちになる。
相手の話を遮ってしまい、結果、相手は話をしていて楽しくなくなる。

広く浅く

こうならないためにも、浅い知識でも構わない。
出来るだけ広く・浅く、(勿論深くでもOK)いろんなネタを持っておくほうが良い。

好きなことに集中するのも良いことだけど、
会話を色んな人と楽しみたいのであれば、雑学的なネタを持っている方が強い。

それを増やせば増やすだけ、相手の話にいつでも反応が出来るようになるので、気持ちに余裕が出る。 
この余裕が大事。
何故なら、話する際に、相手の話に対して自然と反応できるから。

そしたら、「相手の話→相槌」ではなく、
相手の話→何かしら反応」と言う言葉のキャッチボール形式に近づいていく。

これが、「会話が苦手」というコンプレックスを解消する、最善手だと考えている。
もちろん、ネタは世の中☆の数ほどあるんで、
今日これを知って、明日できるようなものではない。

だけどやってみないことには、今のコンプレックスは抱えたまんまだと思う。
それでいつになっても彼女できない。
と嘆いていても仕方がないんです。

一日一語でも良いので、少しずつ、ネタを発掘していってみよう。

オススメカテゴリーあるの?

一応あるよ。

女性で圧倒的に多い趣味は、ショッピング、飲食、服のことである。
人間の三大欲求「衣食住」ですね。 

これに関するネタに照準を当てれば、いち早く会話に参加しやすくなる。
これらのうち、男の子でも一番食いつきやすいのは、飲食ではないですか?

食べることが嫌いな人って、そうそういないでしょ?
SNSでは、飲食に関する呟き(俗にいう「飯テロ」)が圧倒的皆の反応が良い。
(イイネ!とか、お気に入り、ファボられたり、コメントが付いたりする。)

合コンとかで、会話が流暢に出来ている人、
これは才能とかではなく、単にネタを沢山持ってるから。
どんな話題になっても、「この話題にはこの反応」
と言うのがスグに出てくるんですよ。


会話が苦手なら、まずはメール・チャットで慣れると良いかも? ラブサーチの評価も書いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければ、拡散してくださいな。